カメコ二郎

ラーメン二郎を中心に食べ撮りの痕跡置き場。カメラを持って二郎に行きます。

ラーメン丸仙 - 支那そばがうまい。醤油大正義。

[トクホ]サントリー 黒烏龍茶 350ml×12本

新品価格
¥1,730から
(2019/10/25 18:43時点)

f:id:msutheki83:20181222133212j:plain

f:id:msutheki83:20181222134556j:plain

f:id:msutheki83:20181222135403j:plain

f:id:msutheki83:20181222135821j:plain

f:id:msutheki83:20181222135830j:plain

f:id:msutheki83:20181222135623j:plain

土曜日昼下がり、13時半付近。小雨の中だが行列も少し。
この店好きな友人に誘われて。一人だと基本は二郎系しか食べないのだが、こういう機会はけっこうありがたい。

家族で切り盛りしているような雰囲気。
厨房を囲うようにカウンター席が並んでて、職人の仕事っぷりがよく見える。
昨今のラーメン屋あるある薀蓄を並べまくってるような店に比べて個人的に好印象。
老舗の風格が伺える。

今回は僕は支那そば。友人はネギ味噌。あと餃子をシェア。

ラーメンより先にまずは餃子が。普通にうまい。
僕が行くラーメン屋(二郎系とか)に餃子が置いてないので失念気味だけど、ラーメン屋の餃子ってなんか良い。

そんなこんなで着丼。
目の前のカウンターの上に置かれるのだが、この店の特徴として丼がめちゃくちゃ熱くなっている。
個人的に熱いの掴むのかなり苦手なので、カウンターから下ろす時に思わずぶちまけてしまわないか怖い。
今回は服の裾を掴んで下ろしたが(半袖だったらアウト)、カウンターにおしぼりでも置いておいてほしい。
この店は食べた丼をカウンターに戻して自分で机を拭くスタイルではないので、おしぼりを置いていないが、是非置いておいてもらいたい。

さて支那そば。
スープはやさしいながらもしっかりコクがある。画像を見てもらえば分かるかもだが、表面になかなかの油膜が。
細目の縮れ麺は少し固め茹で加減がいい。
チャーシューは甘みのある味付けで、結構肉感もあってわりと大判。
メンマのトッピングも昔ながら感が良い。

友人のネギ味噌は、支那そばに比べるとネギ成分が原因かと思うが少しハード感ある。
どっちも一定のレベル以上ではあるが、どっちのスープでしめたいか?と聞かれると支那そばかな。

なんだかんだでこの店、こういう形でちょくちょく来てて、支那そば(醤油)、味噌、塩、と一通り食べてきたが、個人的にはなんだかんだで支那そばがベストかも。
やはり看板メニューなだけある。

個人的に二郎でも非乳化醤油の中山派ということもあり、この醤油は普通に好み。
日本人は毎日醤油で味付けされたものを食べても飽きない気がする、という言葉をどこかから聞いたことがあるのだが、醤油大正義説が確信になってきた気がする。