カメコ二郎

ラーメン二郎を中心に食べ撮りの痕跡置き場。カメラを持って二郎に行きます。

ラーメン ゼンゼン - 蓮爾登戸コンビを見ることは叶わず。そして「えびラーメン」を改めて考察。

[トクホ]サントリー 黒烏龍茶 350ml×12本

新品価格
¥1,730から
(2019/10/25 18:43時点)

f:id:msutheki83:20190118135216j:plain

f:id:msutheki83:20190118140726j:plain

f:id:msutheki83:20190118140732j:plain

f:id:msutheki83:20190118140738j:plain

f:id:msutheki83:20190118140833j:plain

ここのところ、ゼンゼンでかつての蓮爾登戸コンビが見られるという情報があり、実は結構気になっていた。
まぁかつてとはいってもほんの3、4ヶ月くらいだが。

ということで今日の昼、13:30を回っていたが我慢できずに家を飛び出した。
こういう時に限ってやたらと遅いバスが前を塞いでいたりして結構焦る。
ぎりぎりで駆け込みセーフ。ちなみに僕の後一人で客止めだった。

店内を覗くと、期待していた蓮爾登戸コンビは見られず。
かわりに、ふつうにかわいい系の女子大生っぽい子がバイトしてる。
店自体は綺麗なので、あの店主が目に入らなければ二郎系ラーメン屋とは思えないような空間になっていた。
期待していた「いかつい登戸コンビ」とは完全に対照的である。

13:49に食券購入。
今回は前からまた食べたいと思っていた「エビ」で。
エビはオープン二日目、初訪の際に何故か提供してくれてたもの以来である。ちなみに蓮爾でも食べた事がない。
今回は改めて確認という感覚である。

見た目はデフォルトと特に差はない。
印象としては、初訪の時の方がインパクトがあった。
あの時のスープ一口目の「めっちゃエビー」って感じよりはおとなしくなっていたかも。
根本的にエビの量も今回の方が少ないかも?
個人的にはあの時くらいインパクトあっても差別化的に良かった気がする。まぁそうするとスープは少し飲みにくくはなってしまうが。。。

が、底の方にわりと沈んでいたりもしたので、徐々にインパクトは増してきた。
このメニューは底からかき混ぜて食べたほうが良さそうだ。

総評すると、おいしいことに変わりはないが、デフォルトから200円アップの割にはその恩恵が低いような気がするので、というかデフォルトのクオリティが十分高いので、個人的には何かない限りあえてエビを頼むことはないかもしれない。
まぁ店へのお布施と考えてたまにというのはありかもしれないが。

とりあえずは今日期待していた、ちょい前までの登戸店主(キム兄グレート義太夫似)も独立するという情報があるので、登戸コンビが見られるのも早いうちでタイミング次第だと思うので、果たして見ることはできるのか、、、
まぁ見たところでどってことはないのだが、これもひとつの歴史の一コマということで。。。