カメコ二郎

ラーメン二郎を中心に食べ撮りの痕跡置き場。カメラを持って二郎に行きます。

MEN YARD FIGHT - 辛いラーメン初食。「たまラーメン」の辛改良系?程よい辛さが夏に合う。

横浜方面に予定あり、ついでに二郎横浜関内店が頭をよぎったが、この炎天下で待つのは気が折れそう。ということで、予定の場所からも近くてそこまで混まなさそうという見込みでこちらへ。 こちらに最後に訪問した辺りの感想として、安定し過ぎて想像の範囲内…

MEN YARD FIGHT - 完成された感があるだけに想定内な一杯。二郎に求めるは想定外な要素なのか?

小ラーメン/全部 麺がこんなだったっけ?ってくらい思いの外太くて丸っこかったとか、ニンニクが各パーツと絶妙によく馴染むとか、野菜は自分の好きなクタ系だったとか、思いの外乳化気味だったとか。ひっくるめて相変わらず綺麗に整っているし、丁寧な仕事…

MEN YARD FIGHT - コロナ対策での距離感に緊張するも、提供されたラーメンに間違いはなかった。

13:07着。 コロナウイルス対策として一席空ける形で。中待ちも適度に間隔を。外待ちに関しても微妙に入場を制限する場面も。 この間隔の取り方、微妙なニュアンスでなかなか落ち着かない。というのは、ここはすでにキム兄のテリトリー。知らされてなく察せよ…

MEN YARD FIGHT - 極太麺は奥歯と歯茎の間とかの辺りにはさかったり絡まったり要注意。

だるまさん不在。コールの際に、「少な目の方ー」と言われてちょっと焦る。今回はオーソドックスに、ラーメン、ニンニク少し、野菜、アブラ、カラメ 豚塊がやはりめちゃくちゃいかつい。ここは豚まししなくても十分楽しめる。 食べ進めるうちに、なんか本当…

MEN YARD FIGHT - 初訪問の友人と。「かつお節」は、スープの醤油との絡みから「おかかご飯」を彷彿。ふわっとした食感は楽しいがすぐに存在感は薄れる。豚は割けるチーズ状態で歯にはさかる。だるまさん脱走。

横浜方面で友人と用事あり。その前に話題のこちらへ。 17:30 過ぎ頃、先に到着した友人から3人程並び始めたとの事。若干焦りつつも、17:35過ぎくらいに合流。 車を駐車場に入れたりしているうちに、前方明らかに店へ向かっている人影がちらほら。ぎりぎりの…

MEN YARD FIGHT - 二食目。「きくらげ」は茎ワカメ風で味ほぼ無し。花山椒(ホアジャオ)が絶妙。だるまさんはタワシ系。

この日は昼に関内方面にて予定あり。そこで、帰りに二郎の横浜関内店か、はたまたMEN YARD FIGHTが浮かんだ。 この二店だと、個人的に行けるレア度で言えば横浜関内店。理由としては主に、うちからの距離的な部分と、並びが多分こっちの方が凄いということ。…

MEN YARD FIGHT - オープン二日目昼帯。なんと空席有でスムーズに攻略。めちゃくちゃおしゃれでわんこもかわいくてラーメンも最高だった。

昨日オープンしたばかりのこちらへ。蓮爾登戸店助手 > 蓮爾登戸店店主 > ラーメンゼンゼン助手、という経歴を持つ、通称「キム兄orグレート義太夫」氏、待望の独立店である。 本当は昨日行こうかどうか考えたが、絶対混んでいるなと思い見送り。ツイッターな…