カメコ二郎

ラーメン二郎を中心に食べ撮りの痕跡置き場。カメラを持って二郎に行きます。

蓮爾 新町一丁目店 - 店主降臨でハードモード。かなりの顎疲弊。店主顔馴染み友人のお陰で、和やかな雰囲気で蓮爾タイムを満喫。

[トクホ]サントリー 黒烏龍茶 350ml×12本

新品価格
¥1,730から
(2019/10/25 18:43時点)

蓮爾 新町一丁目店、先日久しぶりに訪問したが、個人的にとてもありだった。
蓮爾は登戸派であったが、並びなどを考えると、距離的にもそこまで変わらないし新町でいいんじゃないかと思ってきた。
なぜこんなに並びに差が出ているのか気になる部分ではあるが。。。
とりあえずは、こことゼンゼンを拠点に、気分で行き分けるのが良いような気がしている今日この頃。

この日は上品にというよりジャンクに掻き込みたい気分だったので、新町を選択。
PP(ポールポジション: 開店一番乗り)狙いするぞと、予め、参加してる二郎考察LINEグループ(非公式)に書き込みをしたところ、その中の一人の新町店主顔馴染みメンバーがそのタイミングで来れそうだとのこと。
ということで、せっかくなので待ち合わせて行くことに。

f:id:msutheki83:20190425173217j:plain

GWも近付いてきたし、二郎も大型連休に入る店舗も増えるし、今のうちに行っておきたいなと。
下手したら平成最後の蓮爾かもしれないし。。。

f:id:msutheki83:20190425173954j:plain

店に入ると、床がめっちゃ濡れていた。
飲み水のサーバーから水が漏れているようだった。
水槽的なものを敷いていたが、それにも穴が開いてそう。
あと、その周りにはやたら沢山の謎の扇風機が。

f:id:msutheki83:20190425174004j:plain

この日は新町店主と整った顔立ちの助手の二名体制。
新町店主は、本来の定位置なのだが、今年に入ってから登戸でしか見ていなかったので、逆に新鮮に見えた。

連れが新町店主と顔馴染みの関係から、また色々と雑談が。
毎度のことだが、香川出身ネタから、GWは地元に帰るのか?ってところから。
あとは吉野川とかアウトドアの話。あとは友人の子供の話。
そういえば、去年友人の子供が生まれたばかりの時に一緒にこの店に来て、同じように喋っていたのがつい最近のことのように思い出されたが、早いものでもう10ヶ月も前のこととなっていた。

しかし、残念ながらまた店主の声が聞き取りにくい。。。少し読唇術も駆使しないといけないレベル。
今回は角の席だったのだが、店主は対角線上の一番離れた場所に陣取っている。
話すならもっと寄ってきて欲しいのだが、作業半分、話半分、時たま奥の方でなんかセブンプレミアムジップロックみたいなパッケージのものを、レンゲでもそもそ食べているの半分、といった具合である。

蓮爾関係で聞き出した情報によると、登戸は西武さん(ライオンズ帽)が落ち着いてきたので、新町店主は最近はたいてい新町にいるらしい。
個人的に新町店主派なので、今後新町をホームの一つにしようと思っていたので朗報である。

あとは、5/5に限定をやるみたい。
それに備えて中華麺を買い込んでいた。
普段はあのゴワボキの自家製麺だが、この日はまたガラッと変わったメニューが予想される。
蓮爾の限定は競争率や整理券争いなどかなり敷居が高いので、未だ一度も食べた事がないが、当日のコンディションによっては狙ってみてもいいかもしれない。

と、前置きが長くなってしまったが、ラーメンの話しを。
最近蓮爾では麺増しをしているので今回も。
そして野菜マシ、ニンニク、アブラで。

f:id:msutheki83:20190425174602j:plain

f:id:msutheki83:20190425174606j:plain

f:id:msutheki83:20190425174611j:plain

着丼。
やはり新町店主の時は盛が凄い気がする。
久しぶりなので弱冠油断した。

麺は、前回の新町やここんとこの登戸、ゼンゼンと比較しても、一番くらい太くてハードだった。
本当に顎が疲れるレベル。
うどんは飲み物などという人もいるが、蓮爾の麺はとてもじゃないけど飲んだらえらいことになる。
太いし消化もあんま良くなさそうだし、ある程度噛んで食べる必要がある。
しかも、盛りも今までより多くて、顎休めとかしてゆっくりしてたらやばいという気持ちから、また一生懸命に顎を動かすという状態。
そのループから完全に顎疲弊。。。

最近意外と危なげなく完食できていて、たまにはちょっとやられたいかもって気持ちもあったが、この日は結構危なかったかもしれない。
というか、やっぱりいざやられそうになると、やっぱりそこまで良いものではないなと思った。(まぁあたりまえやな。)
前回の新町よりも明らかにハードモード。

野菜はけっこうシャキシャキ感があり、いい感じだった。

豚は基本いい感じだったが、一つ脂身の多い部分があり、個人的にはずれだったが、それはまた細かく他の具材と合わせて食べるとそこまで気にならなく完食。
この点は前回の方が上ブレだったかな。

しかし今日のラーメンは、相変わらず汁は少なめではあるが、前回よりも汁なし感はなく、ちゃんとラーメンしてた気がする。
別物くらい違っていたかも。
やはり特筆すべきは麺の固さと根本的な量。
店主がいるとやはり違うなぁという印象。
だが、なんかこういうブレも割り切って楽しめる店でもあるのは確か。
その日の運試しやくじ引きのような感覚で、気楽に捉えるのが良いのではないかなと思う。

f:id:msutheki83:20190425180406j:plain

f:id:msutheki83:20190425180411j:plain

総合して、店主や友人の雰囲気もあいまって、今回も和やかな雰囲気で蓮爾タイムを満喫できて満足であった。