カメコ二郎

ラーメン二郎を中心に食べ撮りの痕跡置き場。カメラを持って二郎に行きます。

蓮爾 登戸店 - アブラマシマシ初オーダーしてみたが最高だった。上ブレの時の蓮爾登戸は圧巻!

[トクホ]サントリー 黒烏龍茶 350ml×12本

新品価格
¥1,730から
(2019/10/25 18:43時点)

この日は遅めの昼飯を14時過ぎくらいに一食食べたきり。
蓮爾登戸までそこまで距離の無いところで仕事終了したのが22:30頃。
まぁそこそこおなかは減っている。多分普通に戻っても何かしらは食べるだろう。

仕事中も頭をずっとよぎっていたのは
蓮爾登戸、、、、

行くべきか行かないべきか、今日行ってしまうと、先日新新代田を食べてから、二郎系ラーメンを一日おきに3連続で食べていることになるので、そろそろ自粛するべきだろうと葛藤していた。

ツイッターで調べてみると、並びに関する情報は特に見当たらず。
ということはそこまで並びないかも?と、ここぞとばかりに行くことを決意。

f:id:msutheki83:20190527230428j:plain

23:00
店着。外待ち3、中待3に接続。蓮爾基準だと少なそうだ。

f:id:msutheki83:20190527230530j:plain

スタッフは、西武さんと接客の良い黒タオルの方。

f:id:msutheki83:20190527230803j:plain

f:id:msutheki83:20190527230728j:plain

f:id:msutheki83:20190527230747j:plain

f:id:msutheki83:20190527230753j:plain

f:id:msutheki83:20190527230835j:plain

しかし並びの人数に反して、思いの他待ち時間は長かった。
入り口付近でいっぱい待ったので適当に状況写真。
まぁ着席してからも左右でそれぞれ1ロット分の待ちもあるから、その辺りの見極めも必要そうだ。


23:35
コール。
麺増し、野菜マシ、アブラマシマシ、ニンニク

アブラマシマシは何気に蓮爾登戸では初めてだったので、どんなものが来るか少し緊張。
しかしそれは着丼と同時にニヤケに変わってしまった。

f:id:msutheki83:20190527233948j:plain

これ。

f:id:msutheki83:20190527233953j:plain

見た目から大当たりが分かるアブラがこれでもかと。
そして肉カスも大量で非常にお得感。

f:id:msutheki83:20190527234040j:plain豚は味染みしっかり系とふわっとしっとり系。
若干小ぶりではあったが、アブラによるかさ増し大成功により問題なし。

f:id:msutheki83:20190527234223j:plain

麺も安定のゴワボキ。
汁が表層に出ていなく味が付いていない部分を食べるのもまた乙。
引っ張り出して食べると、スープに浸ったところとの色の違いがはっきり分かる。
ぶっかけうどんスタイル。
断面が半生なのもこの店ならでは。
これが許せるのもこの店ならでは。
顎疲れしないギリくらいの部分で好みの固さ。

スープは新町よりも角が取れててマイルドで好き。
ゼンゼンよりも味がはっきり全面に出ている部分も好き。

蓮爾系列3店舗比較だと、やっぱり並びなど考えずラーメンだけで言えば、上ブレ時の登戸が一番だなと改めて感じさせてくれた一杯。
めちゃくちゃうまかった。

f:id:msutheki83:20190527235242j:plain

23:50
退店。