カメコ二郎

ラーメン二郎を中心に食べ撮りの痕跡置き場。カメラを持って二郎に行きます。

ラーメン ゼンゼン - 初食「つけ麺」。熱盛り、ゼラチン状スープ油膜、レモン漂うスープ。あらゆる角度から楽しめる夏にぴったりメニュー。

[トクホ]サントリー 黒烏龍茶 350ml×12本

新品価格
¥1,730から
(2019/10/25 18:43時点)

f:id:msutheki83:20200817202841j:plain

20:34
清涼感ある二郎を求めてなんとなくこちらのつけ麺を。今回初食。

コールは全部。

まずはスープが提供される。

f:id:msutheki83:20200817204426j:plain

二郎系のつけ麺の特色の一つとして、コール系の具材が麺とスープどちらの丼に盛られるのか?という部分は少し興味深いところだ。

f:id:msutheki83:20200817204612j:plain

f:id:msutheki83:20200817204619j:plain

ゼンゼンの場合は基本は麺側。
スープの方には豚のみ。
ちなみに二郎中山駅前店豚星。は麺以外はスープ側ということで、個人的にあまり慣れていないタイプの盛り方だ。

まぁとりあえずはスープを啜ってみようとレンゲをダイブしたところで驚くのは、表面のゼラチン状透明油膜。

f:id:msutheki83:20200817204656j:plain

牛乳を温めた時にできるような幕が張っていた。
地元にある山村っていうラーメン屋を思い出した。
なるほど、こういう系で来たかと。

スープは熱く、でもレモンの香りがあって爽やか。
うまい。

豚はつけ麺に合わしたのか少し柔らかくほぐれる系。

f:id:msutheki83:20200817204741j:plain

そんなにボリューミーではないが、今回のメニューに合っている気はした。

麺側。

f:id:msutheki83:20200817204630j:plain

やはりアブラサラダから。
うまい。
アブラが一瞬で消えてしまったのでもっと欲しい。

麺は意外にも熱盛りだった。
こういうとこのつけ麺って結構冷たくシメられたイメージがあったので少し驚き。
でもだんだん冷めていくのを止むを得ないのを良しとする冷盛りよりかは熱盛りで良いのではと、これをデフォルトとした部分には少しセンスを感じた。
求めていた清涼感ある二郎という部分はスープのレモン感で良しとする。

カラメ味が麺に直接かかっているのが良い仕事をして、これだけでもペペロンチーノとして成立しそう。
ペペロンチーノとスープのセットメニュー。

ついついそのまま食べそうになるのをこらえて、せっかくつけ麺だから漬けて食べる。

f:id:msutheki83:20200817204943j:plain

まぁやっぱりよく合っている。
うまい。

麺側の丼、最後は全部スープ側にイン。

f:id:msutheki83:20200817205402j:plain

結構カラメかかってたんやっていうのが分かる。
これで濃くなった分を楽しみ、さらに割りスープで割って中和したものを楽しむ。

あらゆる角度から飽きずに食べていたら結構一瞬でなくなってしまった。
大でももっと食べたいと思わせてくれる一品だった。
夏に合うメニューとしてかなり秀逸だった。